ご挨拶

陶絵付けとの出会いは、20年ほど前のことです。
「白いうつわに絵が描けるなんて素敵。習ってみようかな。」
カルチャー講座でみつけた絵付けの講座が目にとまり、気負うことなく始めたお稽古事でした。
陶絵付けの知識や技術はもちろん持ち合わせておらず、ゼロからの出発でしたが、数年が過ぎたころ、本格的に技術を学びたいと考えるようになりました。
そして、陶絵付学院原宿陶画舎をはじめ素晴らしい技術をもった先生方に学び、現在に至ります。
陶絵付けには描いた作品を焼成するという工程があります。焼き上がった作品は、つやつやとかがやき、手に取った時に感じる「いとおしさ」「達成感」は格別です。
また、年齢性別を問わずハンドメイドの楽しみを存分に実感していただけるものと思います。
そんな陶絵付けの魅力と楽しみを皆様と分かち合いたい、そう願ってやみません。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

アトリエビアンカ代表 服部尚美

プロフィール

【学歴と経歴】

1985年3月 跡見学園女子大学卒業 博物館学芸員資格取得 大学では美術史を専攻。卒業論文は「アントニオ・ガウディ(サグラダファミリア教会生誕のファサード)」について。スペインのバルセロナを訪れた際に、ガウディ作品に強く惹かれ研究する。 1985年4月 大日本インキ化学工業株式会社入社(2008年DIC株式会社に社名変更) 1987年7月より同社の所有する美術品を保管・公開するための美術館(川村記念美術館)建設の設立準備室に勤務する機会を得る。 (1990年川村記念美術館開館) 1989年9月 結婚のため退職

【陶絵付けの経歴】

1996年4月 NHK文化センターにて陶絵付けと出会う
2001年4月 陶絵付学院原宿陶画舎入学
2006年10月 アドバンスポーセリンエキスパート認定証取得
2009年9月 IPAT Master Artist認定
以降、原宿陶画舎佐藤嘉代子校長(現原宿陶画舎最高顧問)に学ぶ。(プレクラス、レッスンクラス、陶画舎クラブ2006年10月〜2013年3月)
又間美代子氏主宰アトリエマチスにて学ぶ(2006年10月〜2010年)。
原宿陶画舎専科コースにて学ぶ(一つ上を目指すプログレスクラス、テクニカルレッスン2014年4月〜)
高野由紀子氏主宰The House of Roseにて学ぶ(2018年1月〜)

私が学んだ原宿陶画舎のページはこちらからどうぞ